長く楽しむ為の長距離走型ベット術

オンラインカジノでもまた、他のギャンブル同様ベット術を駆使することができます。
オンラインカジノのゲーム同様、別途術も様々なものがありますので、自分の目的、性格、価値観等に合わせて選べます。

特にオンラインカジノにおいて「二大ベット術」とも呼ばれているのがマーチンゲール法とモンテカルロ法です。
この二つさえ覚えておけば十分との声さえあるほどですが、負けを帳消しにできるという明確なメリットがあるマーチンゲール法に対し、モンテカルロ法はどのようなメリットがあるのか分かりにくいのではないでしょうか。

そこで、モンテカルロ法はどのような特徴・強みを持っているベット術なのかについて解説していきます。

モンテカルロ法の目的は

マーチンゲール法は負けを取り戻すためのベット術、パーレイ法は価値をより大きくするためのベット術など、ベット術もそれぞれ目的が明確です。
だからこそ、自分の求めている結果、置かれている状況に応じてベット術を使い分けることで、理想とする成果を得られるのですが、モンテカルロ法はというと、「少ない軍資金で大きな勝利を狙える」点です。

パーレイ法にせよマーチンゲール法にせよ、ベットの度にベット額が増えていくことになりますので、それなりの軍資金が必要になります。
その点、モンテカルロ法は比較的少額の軍資金からでも試すことができるベット術として知られています。
少額から開始しつつ、数式に則ったベット術を駆使するこでより大きな利益を狙える点がモンテカルロ法の魅力になります。

モンテカルロ法は時間がかかる?

モンテカルロ法の特徴の一つに「じっくり」という点が挙げられます。
オンラインカジノにスピード感を求めているプレイヤーも多いのですが、モンテカルロ法は比較的マイペースに楽しめるベット術になります。

オンラインカジノは軍資金が多ければ多いほど、より大きなリターンを狙えるものです。
そのため、軍資金を多く投入するプレイヤーも多いのですが、その場合「短期決戦」が多いです。
すぐに結果が分かる点をメリットに感じているユーザーも多いのですが、一方ではじっくりとオンラインカジノを楽しみたいユーザーも多いです。

そのようなユーザーにとって、スピーディーな展開のベット術よりも、じっくりと腰を据えたベット術の方が合っているのではないでしょうか。
実際、モンテカルロ法は大きなリターンを手にするまでには時間がかかる一方で、負けるとしても緩やかな負けが続くことになりますので、カジノを長く楽しめるベット術としても知られています。
短距離走ではなく、長距離走として取り組めるのがモンテカルロ法です。

モンテカルロ法のポイントは「正しく」

モンテカルロ法を実践するにあたってのポイントとして、正確性が求められます。
数字を並べて、勝利したら両端の数字を消し、負けたら積み上げた数字を右端に記入する。
シンプルといえばシンプルな法則ではありますが、勝ち負けがランダムで続くと、頭の中だけで計算するのは難しくなっていくことでしょう。
結果、適当に計算してしまうユーザーが多いのも事実です。
しかし、適当に数字を割り振っているだけでは効果は半減してしまいます。

モンテカルロ法は決して先人たちが適当に考えたものではなく、長い試行錯誤を経て「こうすると良いのでは」というアイディアの結集として今日にまで伝えられているベット術です。
そのため、適当に数字を入れてしまうと、思ったほどの効果を得ることができません。
効果を最大値にするためには、「正しい運用」が求められますので、慣れていない段階であればメモを取りながら行うなどして、正確に取り組むことが求められます。

メモを取りながらは恥ずかしいと思うかもしれませんが、オンラインカジノの場合、誰かに見られている訳ではありません。
現実のカジノであればテーブルにメモを広げて、となると周囲の視線を気にしてしまうのもよく分かるのですが、オンラインカジノであればそのようなことを心配する必要はありません。
分からないのであればまずはメモを取りながらでも良いので「正確に」行う必要があります。

「あれ?どっちだったけ?まぁ適当でいいや」では、せっかく先人たちが築いた素晴らしいベット術の効果を半減させてしまうことになりかねません。
効果を最大限に享受したいのであれば、メモを取るなどして「正確に」取り組むことが大切です。

まとめ

モンテカルロ法はベット術の中では少々難しい法則になりますので、頭の中だけで考えると混乱してしまうケースがあっても致し方ないでしょう。
大切なのは「混乱したから仕方がない」ではなく、メモを取るなどして正確に行うことです。

適当に法則を変更して行った場合、もはやモンテカルロ法ではありません。
モンテカルロ法を正しく活用することで、少ない軍資金でも大きな勝利を狙うことができるようになりますので、まずは「正確性」を重視して取り組んでみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です